判例Q&A

ホーム > 不動産お役立ち情報|判例Q&A|不動産法律判例一覧(その1)

宅建おすすめコンテンツ

不動産法律判例一覧(その1)

不動産無料相談所では、不動産取引に関わるトラブルを少しでも未然に防いで頂きたいという願いから、最近の判例を解説した「Q&A」を通じ、消費者の方や不動産取引業の従事する方の知恵袋としてお役に立てたらとの思いで掲載致しました。
「Q&A」の編集は担当相談所の相談業務顧問弁護士である諏訪裕滋先生(諏訪法律事務所)に各カテゴリーにおける最新の判例をまとめていただき完成したものです。
今後は、さらに掲載量を増やし、また、できるだけ最新の判例を紹介していきたいと考えております。

※掲載した「Q&A」の二次使用は一切認めません。
※「Q&A」に関するご質問にはお受けできませんので、予めご了承ください。

  • 不動産売買・宅地業法編
  • 分譲マンション・管理編
  • 借地・借家編
  • 相談・相続・建築・その他

01. 解体済建物内での過去の自殺 物件の隠れた瑕疵にあたるか
02. 自殺と交換価値の減少 物件から2、300m離れた山林で自殺
03. 売主の買主に対する安全配慮義務
04. マンション売買の際の南側隣地の説明
05. 瑕疵担保による損害賠償請求と消滅時効
06. 購入マンションの近くに公衆浴場の煙突 排煙の流入等についての説明義務
07. 不動産売買契約の合意解除と留置権売買代金返還請求権は「その物に関して生じた債権」なのか
08. 火災にあったことは隠れたる瑕疵に当たるか知らずに仲介した宅建業者の責任は
09. 手付放棄解除の場合、不動産仲介業者の報酬請求権はどうなるのか
10. 民事執行法上の競売は宅地建物取引業法の売買にあたるか
11.マンション販売における防火戸の位置、操作方法等の説明義務
12. 大雨の時に冠水しやすいのは土地の瑕疵にあたるか
13. シックハウスによる契約解除は認められるか
14. 眺望についての説明義務違反と契約解除
15. 暴力団物件の不動産競売
16. 不動産取引と融資した金融機関の責任
17. 隣人による迷惑行為ある場合の建物売買と説明義務
18. 執行官・評価人の調査義務
19. 土地売買とかつて存在した建物内での殺人事件
20. 不動産仲介を途中で挫折させた責任
21. 自殺物件購入の損害賠償額の算出
22. 建物の物理的瑕疵と仲介業者の注意義務
23. 大気を媒介して汚染物質が飛来することは土地の瑕疵にあたるか
24. ふっ素による土壌汚染と瑕疵
25. 契約締結にあたっての説明義務違反
26. 商法526条の適用の排除
27. 性風俗特殊営業と建物の瑕疵
28. 賃借権の消滅と履行の着手
29. 売買物件内での自殺と損失売主負担の特約
30.土壌汚染が自然的原因による場合
31.土壌汚染についての免責特約の効力
32.火災事故と土地の瑕疵
33.確定実測図の交付と売買代金の支払とは同時履行の関係にあるか
34.土地区画整理事業の施行地区内の土地の買主に売買後に賦課金が課された場合、売主は瑕疵担保責任を負うか


このページの先頭へ