登録講習・実務講習

ホーム > 宅地建物取引士|登録講習・実務講習

宅建おすすめコンテンツ

登録講習・実務講習

登録講習とは

登録講習とは、宅建業法第16条第3項の規定に基づき、国土交通大臣の登録を受けた講習機関が実施する講習で、この講習を修了した者には修了者証明書が交付され、交付日から3年以内に行われる宅地建物取引士試験において、試験の一部(5問)が免除されます。
この講習を受講するには、宅建業に従事している必要があります。受講資格等の詳細については、実施機関までお問合せください。(宅建協会は実施機関ではありません)。

>>登録講習実施機関一覧 <国土交通省へリンク>


登録実務講習とは

宅地建物取引士試験の合格者が資格登録を受けるためには、宅建業に関する2年以上の実務経験が必要です。実務経験が2年未満の場合、この講習を修了することにより「2年以上の実務経験を有する者と同等以上の能力を有する者」と認められ、資格要件を満たすことができます。
詳細については、実施機関までお問合せください。(宅建協会は実施機関ではありません)。

>>登録実務講習実施機関一覧 <国土交通省へリンク>



このページの先頭へ